学校長あいさつ/沿革

学校長あいさつ

学校長

イキイキと
看護を学ぼう

学校長 斎藤 幸雄

 本校は昭和25年に開設され、「教学相長ず」の教育理念の基、有能な看護師の育成を目指している伝統のある学校です。
 少子高齢化時代を迎え、医療・看護のニーズはますます高まっています。本校ではこれらの時代の変化に対応できる優れた看護実践者に必要な基盤を学ぶとともに、3年間の学生活動の経験を通して調整能力やコミュニケーション能力を学べるように学習環境を整えています。
 また、学校と同じ敷地内にある千葉医療センターの職員は、学生の講師・指導者としてまた将来の医療に携わる仲間として皆さんを支援しています。
 このような環境で学ぶ本校の学生には、看護の学びを通して患者さんや地域・社会が求める看護師になろうという目的意識を持ち続けて欲しいと願っています。

沿 革

本校は千葉市東北方の高台に位置し、西南遥かに東京湾、富士山を眺め、周辺は緑地帯に隣接する。
政令指定都市であり、国内外の交流が盛んである。

1950年4月 国立千葉病院千葉看護学院(乙種看護婦養成所)として開設
1953年4月 国立千葉病院附属高等看護学院(看護婦3年課程、入学定員30名)に課程変更
1966年4月 国立千葉病院附属高等看護学院(看護婦3年課程、入学定員35名)に課程変更
1975年4月 国立千葉病院附属看護学校に名称変更
1976年4月 学校教育法82条の第2項に規定する専修学校(専門課程)となる
1995年1月 卒業時に医療専門士の称号が付与される
1999年4月 専修学校卒業生に大学編入への道が開かれる
2004年4月 独立行政法人国立病院機構千葉医療センター附属看護学校に名称変更
2005年4月 独立行政法人国立病院機構千葉医療センター附属看護学校と独立行政法人国立病機構下総精神医療センター附属准看護学院と統合し独立行政法人国立病院機構千葉医療センター附属千葉看護学校と名称変更1学年定員35名から80名となる
2009年4月 保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部改正に伴うカリキュラムの変更


発足以来2568名の卒業生を送り出している。さらに、保健師、助産師学校への進学や大学編入をする学生も多数おり、千葉県下を中核とし全国各地の地域・学校・病院で幅広く活躍している。

お問い合わせ・資料請求 |  在校生のみなさんへ |  卒業生の方へ
学校評価 |  財務諸表 |  公開講座のお知らせ

お問い合わせ・資料請求
在校生のみなさんへ
卒業生の方へ
学校評価財務諸表
公開講座のお知らせ

Copyright(c) Chiba School of Nursing National Hospital Organization Chiba Medical Center. All Reservrd.

ページトップへ